看護師を目指している人は|将来の夢への近道|現役講師から学ぶスポーツ整体

将来の夢への近道|現役講師から学ぶスポーツ整体

ドクター

看護師を目指している人は

看護師

専門の教育が必要に

看護師はきつい仕事というイメージがありますが、それと同時にやりがいのある仕事でもあるために将来看護師を目指しているという人も少なくありません。実際に看護師になるためにはただなれるというわけではなく、専門学校や大学などで看護師として働くための専門の教育を受ける必要があります。学校を出ればそれで看護師になれるわけではなく、看護師国家試験に合格する必要もあります。人の命に関わる職業である看護師として働くためには幅広い知識を求められるため、それほど簡単な試験ではありません。しかし、学校では徹底的に合格を目指して指導を行ってくれるので看護師国家試験合格率は高くなっており、学校で真面目に勉強していれば誰でも十分に合格することが可能となっています。

新卒での合格を目指して

一般的にはそれほど低くないとされている看護師国家試験合格率ですが、それはあくまでも新卒で受けた場合であり既卒で受けた場合には大きな違いがあるので注意が必要です。新卒の場合は看護師国家試験合格率はおよそ90%前後だとされていますが、これが既卒の場合だと50%前後まで下がってしまうのです。低い時には看護師国家試験合格率は30%台まで落ち込んでしまうこともあり、必ずしも誰もが受かるというわけではないのです。既卒の看護師国家試験合格率が低くなってしまうのはそれだけ勉強に集中しやすい環境にいられないことが原因であり、働きながらだとどうしても十分な勉強時間を確保出来ないということも少なくありません。そのため、看護師国家試験合格率は高いからといって安心せずに極力新卒での合格を目指すことが大切です。